女性料理研究家のまとめ集

女性料理研究家のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

奥薗壽子Okuzono Toshiko 9963

奥薗壽子 - 奥薗壽子

奥薗 壽子(おくぞの としこ、1962年8月13日 - )は、京都府出身の料理研究家。手軽に作れる家庭料理のレシピを数多く紹介している。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・奥薗壽子のまとめ集

奥薗壽子の関連ブログ記事

1日前
今日の夕食とデザート
ご訪問ありがとうございます。 今日の夕ご飯は 息子君のリクエストで、 鶏団子鍋 我が家流なのは、 鶏団子の繋ぎを 奥薗壽子さん流で 麸で繋ぐこと。 (フワフワになり、 かさましにも なります) 隠し味..
1週前
いつも冷や飯を喰らっている私たちの日常は
・・・生としてどうなのか。きっとカルチェ・ラタンは発狂する。 続けられるおべんとう: 毎日無理なく作るための 手間なしレシピと美しい詰め方のこつ 1,404円 Amazon 奥薗壽子のスープジャーのお..
4週前
実験料理 その①
・・・ればクックパッドが便利だけれど、「何が良いかな」と試行錯誤も楽しみたいので図書館へ行ってみました。 あれこれ見たあと借りたのは「奥薗流・いいことずくめの乾物料理」(奥薗壽子著 文化出版局発行..
1ヶ月前
頭のなかが。
・・・ はかってたより 実際は多いことに気づきました。 今回別にかった 奥薗せんせの 減塩の本は 大さじ 小さじでいいのなんで きにしないでいいのですが 奥薗壽子の超かんたん! [..
1ヶ月前
2018/08/13
・・・・・ (敬称略・順不同・23時より前に生まれたと仮定しています) 林家パー子 【きままちゃんとさすらいもち】 近藤芳正 【べたべたちゃんとがんこもち】 奥薗壽子 【おしえてちゃん..
2ヶ月前
このレシピ本が好きなんだ。
・・・ら、だいぶ手すりの先っちょで腹さしたり、 壁にぶつかったり擦って歩いたりすることが減りました! ハイ料理関係ない話は以上! 私にとっての読み物としてのレシピ本元祖『奥薗壽子の読むレシピ』脳内..
2ヶ月前
夏の愉しみ 麺は冷やして
・・・ズ チャイニーズ墨花居のランチ。 豆乳の冷製麺です。 お野菜もたっぷりで、ヘルシー。 しかしなんといっても私の この夏ナンバーワンは雑誌 「ハルメク」に載っていた 奥薗壽子さんのそうめんです..

奥薗壽子の関連動画

2016/03/10
【紹介】奥薗壽子の赤本合格レシピ (奥薗 壽子

奥薗壽子のQ&A

7年前
奥薗壽子先生の時短おせち
かなり昔の12月の末頃 奥薗壽先生が はなまるマーケットの「とくまる」で 時短おせちを作られていました。 その内容を知りたいので URLまたは内容を教えてください。
8年前
奥薗壽子さんは結婚していますか?
奥薗壽子さんは結婚していますか? とっても魅力的な方ですね…。
9年前
オススメの節約おかずの本を教えてください
よく本屋さんで目にする「50円、100円おかず」の本が あるのですが、色んなものがあるので、どれを買えば良いか わかりません。 ちなみに本屋さんでみつけた、奥薗寿子さんの本は 良さ...
10年前
おいしい麺つゆの簡単な作り方
タイトルの通りなんですが、 蕎麦屋とかうどん屋なんかで出されている味に近い麺つゆ作り方 を教えていただけないでしょうか? 作るのは自分ではなく妻なのですが、 自他共に認める料...
10年前
はなまるマーケットのうどんレシピ
数年前にはなまるマーケットで紹介された、 ほとんど捏ねないうどんのレシピをご存じの方おりますでしょうか? どうも粉を混ぜたら、冷蔵庫で休ませて、それからまた。。。 というよう...
10年前
みそ汁など毎日使う「だし」、どのようにされていますか。
朝晩毎日おみそ汁を作ります。 大人の分と離乳食完了期の子供の分と2種類です。 毎日のことなので手軽な顆粒だしを使っているのですが、 皆さんはどうされているのでしょうか。 子供...
10年前
料理の献立
半年前に妻を癌で亡くし、双子の中3の子と3人暮らしになりました。 家事全て妻まかせでしたので毎日の家事が大変です。 特に献立に困り、何品ださねばならないかと頭が痛い毎日です。 ...

女性料理研究家のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

女性料理研究家について

料理研究家(りょうりけんきゅうか)とは、一般に料理について研究し、人々に伝達する専門家である。伝達は料理教室、料理本(レシピ集や料理文化紹介など)の執筆、あるいは料理番組などマスメディア出演を通じて料理を指導することで行われる。一般大衆を対象とする場合と調理師などプロを対象とする場合とがある。また、料理の歴史、文化的側面や科学的側面を考究する者(広義に解釈すれば食物史家や料理記者などもこの範疇。「料理評論家」として区別する事もある)のように、自ら職業として料理する機会のない者を指すこともある。

かつては日本料理、洋食、中華料理の各分野について専門化がなされていたが、最近ではスピード料理やダイエット料理など、より実践的な視点での専門化も進んでいる。食材や調理に関する専門知識、調理技術、デザイン感覚などに加えて、著述、対人折衝などの能力も要求される。古くはプロの料理人が経験を重ねることにより料理研究家となることが多かったが、最近では料理教室の経営、調理師養成施設の教員、料理研究家の助手、書籍の編集者など出身分野はさまざまである。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク